第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2022 COVID-19 その50  あっぱれな若武者

院長の一言 詳細

COVID-19 その50  あっぱれな若武者

2022/02/17 オミクロン株による感染者数の急激な増加、諸外国ではそれに呼応するかのようにピークアウト後は急峻なカーブを描いて減少に転ずると言われてきました。日本もそのはずだったのですが・・・全国の陽性者数が10万人を超えてから若干の減少は見らていますが、その後は9万人前後をうろうろ、‘高止まり’なる言葉がまたまた連日のように聞こえてくる現状に、国民はいらだちを通り越し、どうもあきらめと慣れが出てきているようにも思えます。案じていた事、高齢者、中でも併存疾患のある方々の重症化そして死亡数の増加など、まだまだ医療界は気が抜けない日々が続いています。そんな暗いニュースばかりのなかに一筋の光明、冬季オリンピックでの若武者たちの活躍でしょうか。特にハーフパイプの平野君の2回目の評価に対する不満を単に悔しがるのではなく、それをばねに自分の力に変えての3回目の完璧な演技にあっぱれとしか言いようがありませんでした。その風貌につい誤った先入観を持たれやすいのでしょうが、人間見た目ではなく中身が大事と改めて示していました。この歳になっても若者たちに教えられること多々です。

一覧に戻る