第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2021 COVID-19 その46  ギリシャ語のアルファベット15番目

院長の一言 詳細

COVID-19 その46  ギリシャ語のアルファベット15番目

2021/12/04 コロナ禍になってから数多くの新語あるいは外来語を急に耳にするようになりました。3密、黙食、ブレークスルー、ソーシャルディスタンス等々。最近になり突然現れたのがオミクロン、はてさてなんのことやらと思っていたのですがどうやらコロナ変異株の新株らしいと。把握するのに2~3日かかりました。その語源をさぐってみたらギリシャ語文字24個のうちの15番目であることがわかりました。ちなみに今まで世間を席捲していたデルタ株のデルタは4番目。WHOはこれまでCOVID-19の変異株の名前を、確認された国や地域の名を冠していたのですが差別や偏見を避けるため2021年5月からギリシャ語の文字順に変異株を名付け始めたそうです。とすると最近話題のオミクロンは15番目の変異株かと思ったら13番目だそうで、13番目のν(ニュー)と14番目のξ(クシー)は除かれたそうです。ニューは新しいnew と混同するのを避けるためですが、はてさてξは何故除かれたのか、諸説あるそうなのですが、それは皆さまの探求心にお任せいたします。

一覧に戻る