第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2021 COVID-19 その41 抗体カクテル療法

院長の一言 詳細

COVID-19 その41 抗体カクテル療法

2021/09/17   金木犀の香りが街に漂う季節となりました。世の中の話題の中心はオリパラから自民党総裁選にとって替わっています。さてコロナ感染はと言えばようやく第5波のピークは峠を越した感もあり陽性患者数の減少、加えて病床使用率は神奈川が55.8%東京が50.7%と一時期の高い値からは減少し、またあれほど騒がせた自宅療養者数もここにきてようやく落ち着をみせています。最近では抗体カクテル療法の体制作りが急務という話題が-取り上げられています。この抗体カクテル療法、50歳以上や基礎疾患を持つ軽症から中等症の陽性患者に適応ですが、重症化や死亡のリスクを7割下げるとか。かの大国の前大統領もこの恩恵を真っ先に受けた事はまだ記憶に新しい事です。本療法は副作用も伴うことがあるため当初は厳重な監視体制の下、入院で行われていたのですが、次第に外来で行われ、現在は一部の療養施設でも行われているとか。今後は体制さえ整えば自宅での投与も考えられ始めているようです。まさに災害時における規制緩和なのでしょう。このような場合には何せ効果のあるものであれば即決して使用しなければなりません。今後はインフルエンザ治療薬のような外来でも気軽に処方できるような治療薬の開発と発売が待たれます。

一覧に戻る