第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2018 定時制高校

院長の一言 詳細

定時制高校

2018/11/16 定時制高校の生徒さん達の発表を聞く機会がありました。皆、今を生き、現代が抱える問題について真摯に向き合っている姿を目の当たりにし、感動し、そして力をいただきました。定時制高校の始まりは我が国の高度成長期時代に中学校を卒業して都会で働きに出たいわゆる集団就職の中学卒業生を対象に出来た制度だそうです。それが現代では様変わりし、中学校中途退学者や何らかの理由による登校拒否生徒さらには外国から就業のために来ている人たちのための学校となっているとのこと。ここ川崎には約800人の定時制高校に通う生徒たちがいるそうです。いろいろな事情で定時制に通うようになっても今回の発表を聞いている限り、全日制に劣らずの向学心と純真な心を持った生徒たちだと思いました。日頃、関わる事のない分野の方々だけにまたまた考えさせられる事多々でした。

一覧に戻る