第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧

院長の一言 一覧TOPに戻る

ボケ防止とピアノ

2017/12/14 先日 初めてのピアノ発表会に出る機会がありました。まさに60の手習いで始めて3年半になったピアノ。真面目にレッスンに通ってはいましたが、先生からの発表会のお誘いには毎回‘ボケ防止で始めたピアノですので人前で弾く理由はない’とがんとしてお断りしていました(先生にはさぞや頑固おやじに見えたのでしょうね)。しかしながら今回はこれまで3年半お世話になった先生の退職時期と先生を囲んでの発表会がまさに重なり・・・ここまで成長させていただいたお礼を発表会に参加という事でお返ししなければ筋が通らないと声をかけるもう一人の自分がいて、参加を決意。と言っても人前で弾くなんて・・・。前の晩は大変でした。ちょうど飲み会も入っておりぐっすり寝れるかなと思っていたら大間違い。夢にまで譜面が出てくるは、いままで普通に読めていたはずのその譜面が読めなくなる自分が出てくるは・・・鍵盤をどうやって叩いていいかもわからないそんな自分がいる夢でした。もちろん寝不足は言うまでもなく、起きてから鍵盤をたたいては見たもののこれまで弾けたと思っていたところがつかえたりして・・・上がるということはこういうことなんだと久しぶりに感じた次第。会場に入って他の方々の演奏を聞いている間も出だしはどうだったっけ?と聴いてはいるものの心ここにあらず。ついに自分の順番になった時には不思議に落ち着き、譜面をひろげ、そして鍵盤に指を置き引き始めたら思いのほか指が自然に動き・・・手術を覚えたての頃の毎回手術のたびに感じていた時と同じような思いを今回の発表会で感じる事が出来ました。この年になり、程よい緊張と上がるという体験ができたこと、本当に得難い経験でした。

不思議な出会い

2017/12/10 これまでいろいろな出会いがありましたがこの歳になってもこんな出会いがあるんだということを強く感じた事が最近ありました。

時代とともに言葉の意味は変わる

2017/11/29 明治の思想家中江兆民の葬儀の際に行われたのが告別式です。これの意味するところは今でいう無宗教のお別れ会だったのです。告別式は葬儀の代名詞的に今では受け取られていますが・・。仏教からすればお浄土へ送り出すのが葬送の儀であり、決してお別れの儀ではないとの事、最近参列した葬儀の際にご住職のお話にあった一言です。すなわち告別式とは葬儀の後あるいは葬儀の代わりに行われるお別れ会とのこと。普段何気なく使っていますが、こんな時だからこそ言葉の正確な意味について改めて調べてみるのも一興です。そういえば‘やばい’という言葉もいまでは肯定的に使う事が若者たちの間ではあるとか・・・。時代によって言葉の意味も変わってくるのですね。

高齢化社会

2017/11/22 2025年問題と巷では我が国の高齢化問題に対する対策についていろいろと取り上げられていますが、90歳以上の方々が我が国に何人ぐらいいらっしゃるかご存知でしょうか?今年9月の敬老の日のニュースで90歳以上の人口がはじめて200万人を超えたと言っておりました。206万になったそうです。我が国の人口の約2%。50人に1人が90歳以上。これは世界でも類をみない高さだそうです。今後も社会のあらゆるしくみが高齢化に向けて準備していかねばなりません。医療もしかり。私ごとながら父も93歳まで食事をしていました。ただ残念ながら私の事は一切わからないままでしたが・・・。今後目指すべきは明るく、元気な健康長寿国なのでしょう。

芸術の秋たけなわ

2017/11/17 今,都内の美術館では企画展が目白押しです。今年は特に私の好きな印象派に関連した企画展が開催されています。東京都美術館ではゴッホ展 巡りゆく日本の夢(~2018年1月8日)、三菱一号館美術館ではパリ♥グラフィック—ロートレックとアートになった版画・ポスター展(~2018年1月8日)、東京ステーションギャラリーではシャガール 三次元の世界(~2017年12月03日)、国立西洋美術館では北斎とジャポニズムHOKUSAIが西洋に与えた衝撃(~2018年1月28日)、東京ステーションギャラリーでは鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます(~2018年2月12日),

戦争と絵画

2017/11/10 つい先日まで新聞ではスペイン、カタルーニャ地方の独立運動が大きく取り上げられていました。かの国では過去に長らく内戦が行われていましたがスペインの北部に位置しフランスの国境にあるバスク地方、そこにゲルニカという町があります。内戦の折、フランコ率いる反乱軍とそれを支援するドイツ空軍がゲルニカを爆撃し多くの命を奪いました。それに抵抗するかのように戦争の悲惨さを描いたものが‘ゲルニカ’であり、その作者がピカソです。キュビズムの巨匠、パブロ・ピカソ。彼の作品の前に立つといつもその難解なメッセージに思わずたじろいでしまうのですが、彼の若かりし頃の作品はしっかりとした筆致で描かれており、そんな時代の作品とキュビズムに進化した時代の作品を見比べるたびに天才はやはり天才なんだと妙に納得させられます。

月と絵画

2017/11/02 Fly me to the moon.という曲をご存知でしょうか?何人もの歌手が歌い、ついにはフランク・シナトラが謳って爆発的なヒットになりました。と言っても若い世代や中年世代にはもはやわからない曲ですよね。その曲は題名通り‘月に連れて行って’ですが別な意味もあるようです。そんな曲を聞くたびに私はある人の描いた絵を思い出します。その名はマルク・シャガール。彼は愛をテーマに恋人たち、自然そして動物たちを何とも言えない幻想的なタッチで描き、私たちを不思議な世界へと招いています。

色と絵画

2017/10/26 フェルメールブルー、ルノワールピンクなど画家の特徴を色で表す事が良くあります。

南太平洋と画家

2017/10/19 日本から乗り継ぐ事、十二時間 、南太平洋に浮かぶ小さな島、タヒチ。これだけジェット機が発達した今でもまだまだ遠い島と思われている、そんな島に魅了され、100年以上も前にパリから移りすんだ画家がいました。その名はゴーギャン。原住民と共に生活し、彼ら、彼女らをこよなく愛し、その姿を力強いタッチと色彩で描き続けました。彼の絵を見るたびに、なぜ彼が交通手段の少ない当時、今でいえば宇宙に旅するようなところ(少々大げさでしょうか?)に行ったのか?なぜそこを選んだのか?などなど 湧き出るような疑問が浮かんできます。またゴッホとの共同生活、そして仲たがい、耳切り事件、、、画家の心境は私みたいな凡人の感覚では決して推し量れないのでしょうね。

山と絵画

2017/10/13 若い時分は良く故郷 福島の山に登っていました。中でも安達太良山、そして磐梯山は風光明媚な事はもちろん、近くに温泉が湧き出ており、温泉好きな私としては山頂まで登ったあとの充実感に加え、そのあとのひなびた温泉につかるのが大いなる楽しみでした。最近そのような機会はとんと少なくなってきてしまったのは淋しい限りですが・・・