当クリニックの特色

ナースのリレーコラム「明日天気にな~れ」

「医療ソーシャルワーカーのお仕事紹介」  認定医療ソーシャルワーカー/主任

2024/04/11 医療ソーシャルワーカーは、療養する中でおきる様々な心配ごとやお悩みに対し、社会福祉の立場から相談をお受けし、ご一緒に考えていく仕事です。当院の医療相談室には、4月から1名加わり、3名の医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)がおります。入院病床のある病院や在宅医療の担う在宅療養支援診療所では医療ソーシャルワーカーを配置している医療機関が多いですが、外来専門のクリニックで医療ソーシャルワーカーを配置している医療機関は少ないです。
 そこで、クリニックに勤務しているソーシャルワーカーのある1日を紹介します。

8:25 朝礼(医師も含めて全職員が参加対象)
8:40 医療相談室 打ち合わせ(当日のスケジュールや対応ケースの共有)
9:00 対応ケースについて外来診療開始前に担当医や看護師と協議
    面談前の予習、電話相談対応や関係機関との連絡調整
10:00 外来より在宅療養(訪問診療/介護保険サービス)についての相談対応の依頼あり、
患者様、ご家族と面接
     カルテ記載
11:30~12:30 休憩
13:00 化学療法室カンファレンス
14:00 がんサポートセンター会議
15:00 化学療法前オリエンテーション面談
16:00 カルテ記載、関係機関との連絡調整

外来医療における医療ソーシャルワーカーのお仕事に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

小峰 千明

「医療ソーシャルワーカーにご相談ください」 認定医療ソーシャルワーカー/主任

2024/04/01 医療ソーシャルワーカーをご存じですか?

保健医療機関において患者様やご家族のご相談を受け、社会福祉の立場から経済的・心理的・社会的問題の解決、調整、社会復帰を支援する仕事です。
 ご病気やおケガで治療が必要になった時、収入や治療費がない、職場復帰できない、ご病気に対するご不安があるなど、患者様やご家族だけでは解決できない問題が起こる場合があります。このような時、患者様が安心して適切な治療を受け、社会復帰ができるように支援しています。
 お困りのことや不安なことなどありましたら、ぜひ医療ソーシャルワーカーへご相談ください。

相談希望の方は、代表電話にご連絡いただき「医療相談の希望」とお伝えください。

小峰 千明

『3月の終わりに』        認定看護管理者

2024/03/27 先日の暴風、昨日は雨、本日は晴天!3月は春の天気。
新年度を迎えるに、看護科では年度の目標の立案も検討中。何をもって来年度は頑張るか?天気と同じくざわざわしています。あまり頑張りすぎるのも良くないと自分に(言い訳)?言い聞かせながら。煮詰めていきます。
 当院では、院長より年頭所感が年の初めに朝礼で発信されます。年頭所感の言葉、一つひとつを分解して、統合して看護科の目標設定をしていきます。
 さて、皆で突き進むための目標になったかどうか?成らせるかですかね。来年度7月には9年目突入します。10年目を迎えるに、一人でも一つでも~当院に関わる方々へ喜びがくることを目指します。

 写真は先日、国際女性デイの花として紹介し購入たミモザで、玄関に飾っております。実は先日の暴風で飛ばされてまして~探したら裏庭で発見し再度飾っています。もう一枚は姉の自宅庭で来年は貰ってと言ってくれた満開のミモザです。

最後に、ナースのリレーコラムですが来年度から当院の職員全体のものにしたいと考え中です。

『国際女性デイ』       認定看護管理者

2024/03/08今日は何の日?

答え⇒国際女性デイ
朝のニュースを見ていた時、女性アナウンサーが「今日は国際女性デイ、私は象徴の花ミモザ、黄色を意識して黄色の洋服を着てきました」と言われていました。着替え終えていたので真似はできませんでしたが、女性のために学ぶきっかけになればと思いました。ネットを開けるとサムネイルも関連したものが多くありました。
#HappyYellow #HappyWoman

クイズがあってやってみましたが、やってみて知った1つをご紹介。
ジェンダーギャップ指数1位は?
(選択肢:ニュージーランド、フィンランド、アイスランド)

答え⇒アイスランド
14年連続1位を獲得(2023年時点)。国会議員の男女比率は半々で、2018年には性別による賃金格差を禁止する法律を施行している、世界で一番ジェンダー平等が進んだ国です。なお日本は2023年に125位でした。

今日、ミモザの花を買いに行こう!と思っています。

山口恵子

『対がんday』     乳がん看護認定看護師

2024/02/29 先日、対がんdayにちなみ当院で「ヘルスリテラシー」のテーマで講演会を開催しました。
私は、乳がん看護認定看護師の立場で、検診と遺伝について話をしました。

日頃、患者さんやその家族との会話で、いかに正確な情報を入手することに障壁があるのか身に詰まされる思いもあった中、今回は、情報の入手に焦点を当てました。
後日、受診した患者さんが「YouTube LIVEで視聴しましたよ」と声をかけてくださいました。「ヘルスリテラシー」の言葉に馴染みは少ないかもしれませんが、高められるように、声をかけ続けます。

写真は通院中の患者さんが作成されたピエロとお手玉をタペストリーにしましたものです。

國澤美智代

『節分とBLS』        副主任/BLSインストラクター

2024/02/102/3 節分の日にBLSプロバイダーコースを開催しました‼︎
今回は看護師4名が受講しました。

冬になると心不全を含めた循環器系の患者が増えてきます。
クリニック内での急変の可能性もあり、いつでも対応出来るようにしておく必要があります。

このコースを受講し、自信をもって対応できるようになれればと思います。

遠藤圭子

『ワールドキャンサーデイ』    認定看護管理者

2024/02/01 2月に入りました。梅の花が裏の公園で咲き始め…春を感じます。毎年2月4日はワールドキャンサーデイ。世界の色々なところで、がんへの意識を高める活動がなされます。

 本日から当院でも、スタッフによる活動で企画がなされます。どうぞ、3Fにあります展示をご覧くださいませ。いつもとはまた違うクリニックのホスピタリティを感じ取っていただけると幸いです。

山口 恵子

 

『がんサロンのひとコマ』     乳がん看護認定看護師

2024/01/29 今回のがんサロンは、乳がんを体験された方に、ご自身の体験を話していただきました。
ご自身のこれまでの体験を、他の方にも伝えたいという思いがとても良く伝わってくる内容でした。半年ほど前から何回か打ち合わせをさせていただく中で、私たち医療者には到底サポートできない、ピアサポーターとして伝える、サポートする役割を十分に発揮していただけると感じました。今回の機会を受けてくださったことに感謝しております。

 参加された方々にとっては、気持ちを吐露できる、「私だけじゃないんだ」と感じれる時間になったと思います。
とても、貴重な時間を過ごせました。

次のがんサロンは、5月に公認心理師による、『心のケア』です。

國澤美智代

『2024年1月』   認定看護管理者

2024/01/11 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 お正月休みは、どのように過ごされていましたか?寝正月をと元旦を迎えましたが、能登半島地震や羽田での事故のニュースが入り、心が痛みます。

 被災なされた方々は、大変な思いをなされていることと、心よりお見舞い申し上げます。


 早速、年はじめの会議では、当院として何が出来るのか?などの議論を繰り広げております。
石川県のホームページでは災害義援物資の電子申請がありました。【ご提供いただける義援物資の内容を確認し、被災地のニーズをふまえ、ご連絡させていただきます。】とのこと。

山口恵子