当クリニックの特色

みどりの風~One Team リレーコラム~

[増上寺と東京タワー]        乳がん認定看護師

2022/10/17 三解脱門(写真1枚目)が、建立400年記念特別公開でライトアップしているというので、夕暮れの時刻に合わせて行って来ました。
大本山増上寺と、隣にそびえ立つ東京タワーがきれいにライトアップされ「この秋あなたも400年の時空を感じてみませんか」というフレーズ通り、、感じてきました。

「秋の日は釣瓶落とし」とは良く言ったもので、秋の日暮は本当に早いです。

そして、あかりが映える季節になりました。

「三連休」           認定看護管理者

2022/10/14秋ですね。

 秋と言えば、栗やお芋のおいしい季節。スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋とそれぞれにあるかと思います。冒頭に栗、芋を描いた私は断然、食欲の秋です。

 法事があり茨城の笠間へ行ってきました。笠間は栗で有名で栗畑もありました。稲狩りも終わった畑は冬を待っているかのようです。先月のお彼岸の際は、彼岸花が道端に多く咲いていましたが、今週の三連休では終わってました。

 紅葉も始まりつつあり、自然の恵みに感謝しながら~アクティブに活動もしようと思い、三浦へ友人とハイキングへ、湯河原へ夫とバイクで日帰り温泉も行った三連休でした。

 さて、冬支度を少しずつ始めようと思います。

山口 恵子

「世界ホスピス緩和ケアデー」      がん化学療法認定看護師

2022/10/07 10月8日は「世界ホスピス緩和ケアデー」です。
 
 日本ホスピス緩和ケア協会では啓発普及活動として
各緩和ケア関連施設より届いた動画をYou Tubeに公開しているそうです。
ゆっくり見てみようと思います。

 10月20日は「疼痛ゼロ」(疼痛(とうつう)とは痛みのこと)の語呂合わせの日ですし、
皆さんにも気持ちもからだも病気から解放されて楽になれるように取り組んでいることを知ってもらえると嬉しいです。

田邉真由美

「がんサロンのひとこま」         がん化学療法認定看護師

2022/09/26 先週土曜日に第31回がんサロン クローバーの会をリモートで開催しました。

 レクチャーは地域の教会牧師さんから「嵐の中にある平安」というテーマでした。
人との間で病の痛みよりも心を苦しめている事があるとき、目には見えないけれどもその痛みさえも背負ってくれている、感じてくれている存在が居るんだと思えると、心の苦しみが和らぐ一助になるかもしれない、と言うお話が聞けました。
ちょっと難しかったけれど知見の拡がるお話でした。

 リモート開催は会場開催と違い表情が読みにくかったり、その場の雰囲気を汲んでお話を繋げていくことが難しいです。それでもがんサバイバー同士こんな時どうしていたかとか、こんな気持ちでいるとか、親しい人にも言えないことも吐露できる機会となるといいなと思っております。

次回は11月、お金のお話です。

田邉真由美

「合同防災通信訓練」   災害支援ナース

2022/09/15 今月は私的に「防災を考える」をテーマにしていたところ、タイムリーに『合同防災通信訓練』の参加をしましたので、当院の災害支援ナースにコラムを依頼しました。
                   認定看護管理者 山口恵子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 9月12日〜9月14日の3日間、神奈川県看護協会 主催 災害支援ナース・神奈川県看護協会 会員施設『合同防災通信訓練』が開催され、参加しました。

 神奈川県で災害が発生した事を想定し、時間経過で変わってくる被害状況の情報収集や自施設の被害状況の報告、災害支援ナースの派遣要請、受け入れ体制などリアルにイメージすることができました。
『合同防災通信訓練』は毎年開催されているので、アレンジしながら来年も参加したいと思います。

 災害時に孤立しないための連絡手段を把握しておくことは、病院だけではなく、皆さん個人個人にとっても、すごく大切なことです。
・災害が発生した時の家族との連絡手段は決めていますか?
・災害時には「災害用伝言ダイヤル」が提供される事を知っていますか?
「災害用伝言ダイヤル」は無料で体験できる日が設けられているので、平時から練習しておくと良いかもしれませんね!

 今一度、ご家族で話合い、再確認してみてはどうでしょうか!


渕辺 有紀

「防災を考える」    認定看護管理者

2022/09/13 前回紹介した「防災だより」Vol5までは看護科が作成したそうです。今後は防災チームメンバーが作成していくそうで、楽しみです。さて、防災メンバーにインタビューをしたのでご報告します。

 防災委員会メンバーになって、これ良い!おすすめは?(自分でやっていること)を聞いてみました。
1 ローリングストック 生理用品と子どもの薬を追加した
2 トイレを非常用トイレにする技(⇒ユーチューブなどで見れますね)
3 子どもの遊んでいる公園が避難場所か確認した
4 【0時防災】は500グラムくらいの重さで、小さいポーチをいつも持ち歩けるようにした。

 家族構成によって、備蓄するものや量が変わりますね。私は犬を飼っているので犬用の備蓄も必要とインタビューをして考えました。キャンプ道具は防災グッズとなりますね。自分に合ったものを無理せず、日常で持ち歩けるようにするのがポイントですね。とても勉強になりました。

0時防災グッズ一覧というのを発見したので☑してみて下さい。
現金・飲料水・携帯食(栄養補給食・ゼリー飲料・飴・チョコレート・塩分タブレットなど)・モバイルバッテリー・衛生用品・救急セット(ティッシュ、ウエットティッシュ、ハンカチ、マスク、生理用品、簡易トイレ、歯磨きセットなど)・スキンケアセット(メイク落とし、ヘアゴムなど)・懐中電灯・防犯ブザー・防災ホイッスル・筆記用具・メモ帳・身分証明証のコピー・緊急連絡先・防寒具(カイロ、アルミシートなど)

山口 恵子

「防災の日ですね」    認定看護管理者

2022/09/01 本日は言わずと知れた【防災の日】今朝のニュースでは、今時の防災グッズが紹介されていました。水中で浮くことができるリュック、そのリュックは貯水できるタンクにもなるそうです。ポータブル電源、備蓄食セットなど購買意欲が出ちゃいます。自宅の見直し~備蓄食はあるな~キャンプにあると便利だな~などお財布と相談です。

 『職場では、どんな災害にも適用する「帰宅困難者対策」を優先したらよいと思います。』と本部防災担当者よりメールが届き、当院は対応できるよう防災委員会で検討して頂いています。その防災委員会メンバーが発行している、【防災だより】もvol.5が発行されました。防災の知識を深めるよう職員向けに発信しています。次回はその防災メンバーにインタビューを企画したいと思います。

山口 恵子

「虹」         看護科副科長

2022/08/30 最近、雨が多くてムシムシ・・・。台風も近づいているとか・・・。
8月初旬、東北地方の線状降水帯による災害も大変でしたね。
被害に遭われた方々、まだまだ落ち着かないと思いますが、お見舞い申し上げます。

 先日、その日の天気予報マークは☔
朝から降ったりやんだりしていたのですが・・・子供たちと散歩がてら買い物へ。
途中、やっぱり雨に降られました。 でも「雨やんだのかね?なんか明るくなったね~」と、ふと空を見上げた時

虹を見つけました。

ちょっと幸せな時間でした(^^♪

中山 くみ子

「第30回日本乳癌学会学術総会」 がん化学療法看護認定看護師

2022/08/22 外来化学療法室通院患者さんもご家族の方も新型コロナに感染し
隔離生活を送られている方が増えています。
特に基礎疾患のある方たちは不安がつきないことと思います。
日々の楽しみもままならず辛いですね。

 2022年6月29日(水)に開催され、当院看護科からは國澤さんがポスター発表した学会ですが、この度創立30周年記念式典の様子がTV番組「皇室アルバム」にて放送されたそうです。
8月20日(土) TBS 5:15~※関東圏
8月21日(日) MBS 6:30~※関西圏
ちょうど見た方もいるのではないでしょうか?

 学会自体は8/31までオンデマンド配信されております。
患者・市民参画プログラムでは、
乳がん基礎講座として、ご自身の学びはもちろんのこと、ほかの患者さんへの支援活動に役立てること、より良い乳がん医療の実現につなげていくことを目的としたプログラムとなっていました。患者さん自身が登壇していたり、乳癌の最新の薬物療法やパネル検査が取り上げられていて白熱する質疑応答もありとても楽しく聴講できました。

日本乳癌学術総会のページはこちら: https://site.convention.co.jp/30jbcs/

興味、関心がある方は是非どうぞ。

田邉真由美

「再度、感染対策のお願い」   認定看護管理者

2022/08/18 再度、感染対策をお願いしています。
お互いに不織布製のマスクを着用していると新型コロナウイルスの吸入を約30%まで防ぐとのことです。

①立ち入るすべての人に対して不織布製マスクの着用(正面玄関にマスクの自販機を設置しています)
②付き添いは、可能な限り控えてください。(医師からの説明や介助が必要な方だけ)
③罹患し療養期間中の方は来院されず、予約の変更や電話診療をしておりますのでお電話でご相談ください。
④正面玄関やカウンターにアルコールでの手指消毒を設置しています。ご使用ください。
⑤待合での大きな声での会話は禁止しています。
⑥ご自宅でも検温をお願いします。(正面玄関にも設置してますが、外気で左右されることもあります)

今回のCOVID19:7波により、職員の急な交代で情報共有が至らないことがありますこともご理解いただきたいと思います。   
山口恵子

7月のおわりに     認定看護管理者

2022/07/28 暑い日が続いていますが、今年は10月頃までこの暑さだとのニュースです。嘘でしょう~とTVの前の私。ハンディ扇風機をポチリと購入しました。しかし、今週末に台風は5号となる予定のようです。台風前は、風もざわざわとしています。

 医療界は第7波到来で、ざわざわとしています。医療者対象のワクチンも始まってます。感染症の先生方は接種を!とのことですし、キャンセルが出て破棄する前のワクチンを昨日打ちました。だからといって感染防御することは変わらずの習慣です。コロナ罹患されている方も増えており、大阪では高齢者は不要不急の外出は控えるようにとの呼びかけ(大阪アラート)されてます。
 自然に感謝をして、穏やかに~このざわざわを乗り越えていきたいものです。

 話は別で、ブリザードフラワーのボランティアさんより、素敵なリースが届きました。本当に穏やかな気持ちになれます。感謝です!院内ボランティアメンバーと早速飾り付けしました。

「夏至とタコ料理」          がん化学療法看護認定看護師

2022/07/01 今年の夏至は6月21日でした。
夏至から数えて11日目を半夏生と言いますが、夏至から半夏生の時期は田植えで大忙しの時期なんですね。

半夏生の代表的な行事食に「タコ」がありますが、「稲がタコの足のように強く深く根付いて欲しい」という願いが込められているそうです。
昔から暮らしに根付く慣わしを絶やさずに大事にしていきたいです。

今日はタコを使った料理にしようと思います!子供たちはたこ焼きがいいかな…

「座ったまま縄跳び運動で元気に」         がん化学療法認定看護師

2022/06/27 縄跳びを椅子に座わったままするだけでも体力の向上が見られたとの番組がやっていました。

 どうやるかと言うと、座った姿勢で両手に縄(タオルの先を結んで重りにしたもの)を持って飛んでいるイメージで回します。その時足先を上げる運動(2カウントに1回上げる)を加えることで筋力upに。後ろ回しの時は踵を上げます。それぞれ1分間でいいそうです。数を数えたり、声を出しながらの方が有酸素運動になってよりいいそうです。
私はうでの疲れを感じましたが、姿勢が自然と正されるので腹筋回りに疲れを感じる人もいるようでした。

 暑い夏、家でできる運動も取り入れながら体力維持していきたいです。二の腕や下腹部のたるみにも効くかな~

田邉真由美

「待ち時間解消プロジェクト」     認定看護管理者

2022/06/22 来院された方から「予約時間過ぎてます」と声が届いております。
これまでも、待ち時間を掲示したり、待ち時間を有効活用できるよう外出届の対応やラウンジで待っていただくなど対応してまいりました。院内で流している音楽放送などのもその一つでした。しかし、解決策とならずに頭を悩ませております。
 産業人口が減る中、人手を使い解消することを諦めることも必要なのでは?と自問自答を繰り返しております。永遠の課題としてインターネットでも取り上げられています。対策として、1.電子カルテ化(済)2.予約システム化(済)3.混雑情報をホームページで掲載。4.診察順番待ち情報を掲示。5.待ち時間の有効活用などが挙げられておりました。
3の混雑時情報はネットで検索すると出ているのですが、どのような仕組み???3道路の渋滞情報と同じような仕組みのようです。
 悩んでいるばかりでは、解消されないので取り組みを再活動しようと思います。
 
 全く状況は異なりますが、6月20日、京成電鉄でカルガモ親子が線路内に侵入され電車遅延が発生してました。月曜日の朝の出来事でしたが客はとがめずとニュースがありました。平和です。

「梅雨入り」   認定看護管理者

2022/06/15 6月も半ばとなり、各地の梅雨入り宣言のニュースは…外をみると雨だったりして季節を感じます。
個人的な見解で梅雨時期に心がけているものを挙げてみました。
1.雨粒が地面ではじけているのを画を見てぼんやり一呼吸。
2.紫陽花鑑賞(たくさんの種類の紫陽花があります)。
3.さっぱりとした食事を心がける。
4.家時間を楽しむ(インドアの趣味を探してやってみる)。
5.梅雨の合間の晴れの日の日課を計画から楽しむ。

朝のウォーキング・ジョギングが晴れている日の日課です。多摩川沿いのコースでは競馬練習場まで行き、馬が走っている姿を鑑賞し惚れ惚れしながら一呼吸という感じです。

山口 恵子

「たくましい」     がん化学療法認定看護師

2022/05/23 先日歩道を歩いていましたら、のり面の補強部分から斜め上に向かって草花が繁っているのを発見しました。すごいたくましさです。
よく道端のコンクリートの隙間に花が咲いているのを見かけますが、重力に逆らって横に生えているなんて。思わず写真を撮ってしまいました。

5月の気だるさを乗り越えて私も頑張ろうっと。

田邉真由美

『散歩のすすめ と 学びの時間』   認定看護管理者

2022/05/18 5月5日は子どもの日でもあり、立夏でもありました。肌寒い日もまだあります。体調が崩しやすい季節でもあります。心身ともにリフレッシュが大切かと思います。

 朝一番の散歩は、ひんやりと澄んでいる空気が、増して心地よく前向きになれます。多摩川緑道は今、たくさんの花々が咲き乱れている季節になりました。グーグルレンズで草花を撮り、調べてみるとさらに面白い時間を過ごせます。お店では見かけない草花との出会いがあります。草花の名前を学ぶ散歩となっています。

 先日、趣味の講義でヒマラヤ山岳ガイドの方と一緒になりました。その方から学ばせていただいたのは「森の木に感染が発生した時、その木は森の仲間の木に樹脂を出したりして教える」そうです。そのような森の神秘的な話を聞いた後の散歩では、木々の見つめ方、自分の木へ対する思いも変化します。

 自然のあらゆるものに感謝してリフレッシュしています。

山口 恵子

『そば打ち』  内視鏡・日帰り手術室コーディネーター 主任

2022/04/25 そば粉100%を使用した蕎麦打ち体験して来ました。
まず、蕎麦粉にお湯を入れ両手で揉むようにします。初めはパラパラしていて、なじめば水を入れ作業を続けていくと、どんどん大きな団子状態になり一つの固まりになります。手で押して直径30cmの丸まで広げます。
棒を使い四角形にどんどん広げて行きます。打ち粉を振って4回ほど折り曲げ切って出来上がり‼️

いゃ〜集中出来て楽しい❗️❗️
広げる時は厚さが違ったり、薄いところは生地が切れたりと力の入れ方が難しい‼️
 
 細く均等に切る時は全集中‼️ほうとう、うどん、生パスタの様な幅になり見た目悪く笑えました。でも、一時間かけて打ったお蕎麦は愛着もあり格別の美味しさがありました。

粟田 美加

「ハーブで元気に」   がん化学療法認定看護師

2022/04/15 川崎駅駅前大通りの八重桜とローズマリーがきれいに咲いています。

「ローズマリーがどんどん増えちゃって!」と治療室通院中の患者さん宅のベランダで育てていたローズマリーが巨木になった話を思い出します。
育てるのも簡単ですし料理にも使えるハーブはいいですよね。元気に育って爽やかな香りで気持ちも穏やかにしてくれます。

今度入浴剤にしてみようかな。

田邉 真由美

『花まつり』     認定看護管理者

2022/04/07 お花やさんのカレンダー4月8日『花まつり』と記載がありました。お花屋さんのお祭りがあるのかしら?なんて思っていたところ、明日はお釈迦様のお誕生日とのこと。甘茶を飲み、お花(仏花ではなく、旬なお花)でお祝いのようです。仏教の事も多少学んでおりました。が、まだまだ知りえぬことでした。家のお仏壇の先祖へもとお花を新しく飾りました。
 
 さて、この世では桜が、満開から新緑になり始めました。人も気持ちの切り替えの季節かしら…と思い。新たに入職された方や社会人一年生の方もさわやかにいらしていて、背筋を伸ばしていて良い感じです。

山口 恵子