当クリニックの特色

みどりの風~One Team リレーコラム~

花ボランティア  認定看護管理者

2019/05/27 今日も各地での猛暑とのこと。そのような気候の中、当院へ花ボランティアの方が作品を持ってきて下さいました!さわやかな風が、通り抜けそうなイメージの花です。
 ふとした瞬間に目にする花に期待して、診療室やテーブル、トイレなど~たくさん飾らせていただいてます。
 
また、ナースのリレーコラム欄も、読んでくださり「本のリユース」をご提供いただきました。
 いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

山口 恵子

たい焼き がん化学療法看護認定看護師

2019/05/24「季節のたい焼きイチゴクリームってのがあったんだよ」と患者さんとたい焼きの話になり...たい焼きを食べるときは頭からか尾っぽからかって話で盛り上がりました。
たい焼きの尾っぽって元々指でつまんで食べるときの持ち手だったとか、甘い餡を食べた後の口直しのために皮だけにしていた、などのいわれがあるそうです。私は尾っぽまで餡が詰まっていて薄皮が好みですが皆さんはいかがですか?

田邉 真由美

家族の一員 ③ 認定看護管理者

2019/05/23 近頃のリレーコラムは、家族の一員シリーズとなっております。
私の家にも、13歳と14歳の高齢ミニチュアダックスがおります。帰宅すると玄関まで飛んで出てきて、さっさと自分の部屋へ帰ってゆきます。高齢とは思えない速さにシャッターチャンスはありません。
 ペットの高齢化問題もニュースなどで耳にしますが、高齢でも走り回れるのは素敵なことです!

山口 恵子

家族の一員 ②  日帰り手術コーディネーター 主任

2019/05/17私の息子 4才の豆太郎のお尻です。
わかりますか? 豆太郎のイニシャルMをお尻にカットしました。ちなみにその前は、ハート。 そして、その前はおパンツカットと、自己満足して楽しんでます。Mのお尻に顔を埋めて癒されてまーす!

粟田 美加

家族の一員 ① 乳がん看護認定看護師 

2019/05/15今回は家族の一員、柴犬ジョン換毛期の話題です。

 我が家の、柴犬ジョン♂4歳はただ今、換毛期の真っ最中です。
毎日、専用のブラシですいていますが1回量がサッカーボールくらいになります。例年、4月中旬に始まり、7月ころまで続きます。
この間、我が家はジョンの毛だらけ、つまり犬小屋化しています。
暦上では、立夏を向かえ、人間の衣替えと同じく犬も衣替えに勤しんでいます。

國澤 美智代

GW:リフレッシュ② 世界遺産「熊野古道」 皮膚排泄ケア認定看護師

2019/05/10 新元号に変わった5月1日から世界遺産に登録された十津川村の熊野古道。十津川村は母の故郷でもあり、祖母のお墓参りも兼ねて毎年家族で行ってきました。
 たけのこにも、オス・メスがあるのはご存知ですか?私は始めて知りました!! たけのこのメスも根の部分がどっしりしているそうです。人間と同じですね。今年は、滝を見て心の洗濯。令和饅頭も食べて心機一転してきました。

皮膚排泄ケア認定看護師
藤田範子

GW;リフレッシュ① 「地獄のぞき」 がん化学療法看護認定看護師

2019/05/07 千葉県にある鋸山には、切り立ったがけの先端が飛び出しているところがあって、そこからの絶景を楽しみに山登りをしてきました。ところがその先端に立つまでの待ち時間がなんと2時間!あきらめました。
 この辺の名所なのですね。麓から急勾配の階段を登って新緑の山道を行くと採石跡の石壁が立ち並んでいて圧巻です。これだけでも十分リフレッシュできました。

田邉真由美

院内の紹介 パート2 「パワー注入」 がん化学療法看護認定看護師

2019/04/26 新緑が眩しくなりました。ベランダには鯉のぼりが元気よく泳いでいるお宅もありますね。治療室も端午の節句仕様に模様替えしました。今週末からはゴールデンウイークの方もいるかと思います。
治療室でもこの時期に帰省される患者さんや、「あの味をもう一度食べてくる」と旅行に行かれる患者さんもいらっしゃいます。そんな中、従来の暦通り出勤の私たちを労ってくれる患者さんたちもいらして、逆にパワーを頂いております。お土産話楽しみにしています!

院内の紹介 パート1 認定看護管理者

2019/04/19 当院には職員のための図書空間があります。その名はKS(川崎幸)文庫です。職員が休憩時間にほっとできる空間にしたいと思っています。
 図書ボランティアの方が、ラベリングし設置の工夫までやっていただき、感謝すべき空間でもあります。その図書ボランティアの方は、他院の患者図書館でも活躍をされている方で、その配置の仕方など、学ぶことが多くあります。
 近頃、読書での空想旅行をしていない私…。久しぶりに書棚をみると面白そうな本が設置されていました。
 また、そこに置かれている本は職員が寄付している本です。リユースしている本になります。

心地よい風に吹かれながら公園で…。寝る前のリセット時間…。などなど読書の時間、自分の時間も上手に取ってゆきたいと思います。

山口恵子

認定看護師と主任と私

2019/04/12ここ数日、寒い日が続いています。「着てくるものを間違えた!」とか「衣替えを進めていたのに、クリーニングに出す袋から取り出した!」と更衣室での会話です。葉桜も桜と葉とどちらにするか、迷っているように見えてきます。様々な場面で、丁寧に迷うことは大切だと思います。

当院の主任と認定看護師と写真を取りました。リレーコラムの参加メンバーになります。どうぞ宜しくお願いいたします。

認定看護管理者
山口 恵子

マインドフルネス がん化学療法看護認定看護師

2019/03/29 私事、川崎南部緩和ケアフォーラムの世話人を仰せつかっておりましてその活動をご紹介致します。川崎南部地区の緩和ケア活動「がん性疼痛の治療・ケアの向上・発展並びに地域医療・福祉向上に貢献」することを目的として、病院と地域医療の切れ目のない医療・ケアを目指し、毎年2回、川崎南部緩和ケアフォーラムを開催しています。2月21日に第19回南部緩和ケアフォーラムが開催されました。今回の一般講演は在宅診療の場から、地域-在宅診療-病院での症例を交えた報告と、院外薬局管理薬剤師さんより訪問での薬剤師の在宅疼痛ケア活動の2演題と、特別講演はなんと!!昭和大学医学部教授髙宮有介先生にお越し頂きました。「マインドフルネス」。介護するにはまず介護者の健全からとの教えを胸に刻み双方が幸せであるよう広めて行きたいですね。

写真は左から 
メディー在宅クリニック 院長 高橋保正先生
昭和大学医学部 医学教育講座教授 髙宮有介先生
川崎幸病院 外科副部長 成田和広先生      

がん化学療法看護認定看護師 田邉

がん化学療法看護認定看護師

2019/03/22「世界がんday2月4日」にちなんで、第二川崎幸クリニックでは今年も2月4日(月)~2月8日(金)をがんウイークと名して、がんに関わる催しを致しました。看護科からはMSWと協働し「術後の衣食住」をテーマに「衣」は乳房切除後の下着やブレストホーム、ストーマ造設後の腹壁の模型とストーマ装具や洋服を着たときの様子を、「食」は術後の食事パンフレットや栄養補助食品の案内を(サンプルの試食とサンプル提供あり)、「住」は福祉用具の説明や、がんと就労をテーマにした展示ブースを設けました。
参加された方からは「展示によっていろいろ知ることが出来た」「食事用品は興味を引いた」「病院の通院だけでは見られないものが展示されていて良かった」などの声をいただきました。
外来通院の短い時間ではなかなか話すことができませんが、治療と日常生活についてゆっくり話すことができ有意義でした。また来年開催しますので皆さんいらしてください。

がん化学療法看護認定看護師 田邉

看護科 科長の一言

2019/03/15当院の看護科には、たくましい認定看護師が3名おります。

がん化学療法看護認定看護師
皮膚排泄ケア認定看護師
乳がん看護認定看護師
認定看護師の活動なども記事にしてもらおうと考えております。
~乞うご期待!~

さて、私はというと~
医療安全「減災」の研修に参加してきました。「減災」にも断捨離は必要とのお教えがありました。
自宅でも「減災」をイメージしながら、今週末、断捨離~頑張ろう!(決意表明)

看護科より願いを込めて

2019/02/07当院の看護科のマスコットに任命しました、てるてる坊主の「てるちゃん」。
全ての人のこころが晴れますようにという願いを込めて。

さて、平成もあと少し。寒い日が続きますね。
梅雨の時期に、軒下にいる「てるてる坊主」ですが、いつの日でも心が雨の日は誰にでもあります。
そんな雨の日、てるてる坊主が天気にしてくれるように、こころを天気にしたいという願いを込めて、ナースのリレーコラムを開催することにしました。
私たちのコラムが、たのしく、おかしく、ときには愚痴になるかもしれませんが少しでもお役に立てれば幸いです。
雨にぬれても、風が吹いても強い「てるちゃん」と共に、よろしくお願いいたします。

看護科 科長:山口恵子