第二川崎幸クリニックトップ 明日天気にな~れ

明日天気にな~れ

認定看護師と主任と私

2019/04/12ここ数日、寒い日が続いています。「着てくるものを間違えた!」とか「衣替えを進めていたのに、クリーニングに出す袋から取り出した!」と更衣室での会話です。葉桜も桜と葉とどちらにするか、迷っているように見えてきます。様々な場面で、丁寧に迷うことは大切だと思います。

マインドフルネス がん化学療法看護認定看護師

2019/03/29 私事、川崎南部緩和ケアフォーラムの世話人を仰せつかっておりましてその活動をご紹介致します。川崎南部地区の緩和ケア活動「がん性疼痛の治療・ケアの向上・発展並びに地域医療・福祉向上に貢献」することを目的として、病院と地域医療の切れ目のない医療・ケアを目指し、毎年2回、川崎南部緩和ケアフォーラムを開催しています。2月21日に第19回南部緩和ケアフォーラムが開催されました。今回の一般講演は在宅診療の場から、地域-在宅診療-病院での症例を交えた報告と、院外薬局管理薬剤師さんより訪問での薬剤師の在宅疼痛ケア活動の2演題と、特別講演はなんと!!昭和大学医学部教授髙宮有介先生にお越し頂きました。「マインドフルネス」。介護するにはまず介護者の健全からとの教えを胸に刻み双方が幸せであるよう広めて行きたいですね。

がん化学療法看護認定看護師

2019/03/22「世界がんday2月4日」にちなんで、第二川崎幸クリニックでは今年も2月4日(月)~2月8日(金)をがんウイークと名して、がんに関わる催しを致しました。看護科からはMSWと協働し「術後の衣食住」をテーマに「衣」は乳房切除後の下着やブレストホーム、ストーマ造設後の腹壁の模型とストーマ装具や洋服を着たときの様子を、「食」は術後の食事パンフレットや栄養補助食品の案内を(サンプルの試食とサンプル提供あり)、「住」は福祉用具の説明や、がんと就労をテーマにした展示ブースを設けました。

看護科 科長の一言

2019/03/15当院の看護科には、たくましい認定看護師が3名おります。

看護科より願いを込めて

2019/02/07当院の看護科のマスコットに任命しました、てるてる坊主の「てるちゃん」。