第二川崎幸クリニックトップ 初めての方へ/第二川崎幸クリニック概要 医療機器紹介

初めての方へ /
第二川崎幸クリニック概要

医療機器紹介

一般撮影装置

一般撮影装置

【X線高電圧撮影装置】RadSpeedPro

画像診断部門で最も利用頻度の高い一般撮影部門では、撮影室を2部屋用意し待ち時間の解消と、様々なニーズに対応して撮影を行っています。
また、昇降機の撮影台を採用することで、高齢者の方でも安全に撮影台へ乗り降りができるようにしています。

  • X線高電圧装置  TOSHIBA KXO-50G,DST-100A × 各2台
  • 低床型昇降フローティング撮影台  大林製作所 SUD-100 × 各2台
  • オートセンタリングリーダー  大林製作所 VB-AUTO60 × 各2台

CRシステム

富士メディカルシステムのFCRを採用し、常に安定したクオリティのイメージを提供しています。

  • 画像読取装置  Speedia CS, Profect CS × 各1台
  • 画像記録装置  DRYPIX 7000 × 1台

PACSシステム

フィルムレスを行うため、PACSシステムを採用しました。これにより、鮮明なレントゲン写真を診察室まで迅速に提供できるようになりました。

  • 画像保存装置  Synapse

CTスキャナ

CTスキャナ

Optima CT660(GEヘルスケア社)

当院では、64列128スライスCT装置Optima CT660(GEヘルスケア社)を導入しました。このCTの特徴は高機能・高性能であることは勿論のこと、ASiRという画像再構成技術により、高い密度分解能と低被ばくを同時に実現しております。また、本体上部に12インチカラーモニターを搭載しており、検査時の患者さんの不安の軽減に配慮できるようになりました。

デジタルX線テレビ装置

CCDカメラを用いたデジタルX線テレビ装置を導入しました。
胃や大腸のバリウム検査を中心に泌尿器科や婦人科、整形外科などの検査に広く対応しています。
がん検診に最も多く利用されますが、高精細な画像は受診者にも、安心して検診を受けて頂けます。

乳房撮影装置

乳房撮影装置

Simenns
MAMMOMAT3000

日本人女性にも増加している乳がんを早期に発見するため、当クリニックにも導入されました。
高精細な画像を提供するため、撮影技師も検診マンモグラフィ認定技師によって対応しています。
また女性技師の対応も心掛けております。

MRI装置

MRI装置

1.5T MRI Brivo MR355(GEヘルスケア社)

当院では、1.5T MRI Brivo MR355(GEヘルスケア社)を導入しました。MRIの特徴は、放射線被ばくがなく、非侵襲性であり、軟部組織のコントラストがよいことです。また、造影剤なしで血管像や脳脊髄膜腔、胆管や膵管が描出できます。

骨密度測定装置

骨粗鬆症や骨がもろくなる病気を早期に発見するために用います。
特に骨粗鬆症は、ちょっとした転倒で骨折を引き起こしたり、骨折後に骨が元に戻りにくくなるなど、様々な問題が生じます。
骨密度は定期的に測定し、骨の健康管理にご活用下さい。

内視鏡室

内視鏡室

経鼻内視鏡

内視鏡設備(経鼻内視鏡・下部拡大内視鏡・NBI(狭帯域光観察)装置)について簡単にご説明します。
経鼻内視鏡は、先端部外径5.0mm挿入部外径5.5mmという細さで、挿入時の負担を軽減します。
拡大内視鏡は、通常内視鏡よりも最大100倍まで拡大観察できる内視鏡で、ポリープ表面の凹凸や模様をより詳しく観察することができ、より正確な診断をすることができます。
NBI(狭帯域光観察)装置は、消化管表面の微細構造や毛細血管を観察できる内視鏡で、特殊なフィルターを使って照射光の波長を変え色調の違いとして強調表示し、より精度の高い診断に効果を発揮します。

当院 内視鏡室は、心温かいスタッフと最新の内視鏡設備により、受診者の方々に安心と安全な内視鏡検査を提供できるよう常に心がけております。

色素性皮膚疾患治療用レーザー

色素性皮膚疾患治療用レーザー

The Ruby Z1

THE RUBYは、フラットで切れのいいビームが照射されますので、均一なホワイトニングが起こり、照射部位の境界が明瞭です。

THE RUBYのMAXパワーは十分に余裕を持って設計されていますので、ホワイトニング
が起こる最小のパワーを選択して治療することで、病変部を素早く痂皮化へと導き、

可能な限り炎症を抑えた治療が実現できるのです。 ※株式会社ジェイメックパンフレットから引用