第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2017 サロン文化と絵画

院長の一言 詳細

サロン文化と絵画

2017/08/15  激しさや豊かな色合いで表現されるバロック絵画の次にきたのが柔らかさ、曲線を主体としたロココ調。このころ時代的には宮廷でのサロン文化がまさに華やかなりし頃。多くの画家たちが貴族の依頼をうけ、彼らを題材とした作品を描きました。フラゴナールのブランコも代表作の一つ。中央に優美に描かれている女性はいたずらっぽい目で眼前にたたずむ男性を魅了している様子が印象的です。それまでの時代とは違い華やかで日常の一コマをさりげなく切り抜いている、その後の印象派の登場を予感するような(と私は勝手に解釈していますが・・・)題材です。一方では軽薄な画風に当時は賛否両論だったようですが・・・。いつの時代も芸術は世相を反映するものなのですね。

一覧に戻る