第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2017 三大巨匠の年齢

院長の一言 詳細

三大巨匠の年齢

2017/07/27 ルネッサンス絵画の三大巨匠と言われているダ・ヴィンチ、ミケランジェロそしてラファエロの年齢を見ているといろいろな思いが巡ってきます。ダ・ヴィンチは1452年生まれ、それから遅れること23年の1475年にミケランジェロが生をうけ、そしてその8年後に幼少時から天才と謳われ、若いころから大きな工房を主宰していたラファエロが生まれています。ラファエロは他の2人と比べ37歳という若さで夭折していますが、20代後半からはローマ教皇に気に入られ、ヴァチカン宮殿のフレスコ壁画作成を依頼されています。今もヴァチカン宮殿の‘ラファエロの間には彼の代表作’アテナイの学堂‘がかざされていますが、興味深いのはその絵の中にミケランジェロがモデルとされる人物が描かれています。若い彼も少し年上のミケランジェロを意識していたのですね。ミケランジェロは年下のラファエロを意識しながらシスティーナ礼拝堂の天井画制作の依頼をしぶしぶ受けたという記録もあるそうです。いつの世もどんな人物でも他人をつい意識してしまうのですね。

一覧に戻る