第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2017 科学者と反核運動

院長の一言 詳細

科学者と反核運動

2017/06/08  これまでの日本人ノーベル賞受賞者数は25名。その内訳をみると物理学賞11名 その次が化学賞7名 医学生理学賞4名 文学賞2名 平和賞1名です。 
 さて初の日本人受賞者と言えば1949年物理学賞を受賞した湯川秀樹です。1945年に終戦。そのたった4年でノーベル賞を受賞。どのように世界に認められたか、興味深いものがありますし、それだけ偉大な業績だったのでしょうね。晩年は反核運動に参加。科学者としてトップに安住することなく世界平和運動に尽力されました。彼の残した言葉の一部  ‘真実はいつも少数派’‘取り返しのつかない失敗をふせぐには早い段階からの小さな失敗を恐れてはならない’~~いろいろな場面で考えさせられる言葉です。


一覧に戻る