第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧 2017 国を憂い国を思い

院長の一言 詳細

国を憂い国を思い

2017/05/26 ながら自らの命を絶った人物がいました。日頃から彼の書く美しい日本語の一文字一文字に魅了されてきた私は高校の図書館でその報道を聞き愕然としたことを覚えています。その人とは三島由紀夫、彼がとった行動や振る舞いは決して許されるものではありません。しかしながら彼が国を思う心、そして国を憂う心には理解できる面多々と青春時代の私は感じていました。今、国が揺れています。そしてこのような姿を見るにつけ暗雲とした気持ちになってしまうのは私だけでしょうか・・・政治,、行政は誰のためにあるのか、そして真実はどこにあるのか、正義とは・・・種々考えさせられる今日この頃です。未来ある子供たちの範となるよう、私たち大人はしっかりしなければなりません。

一覧に戻る