第二川崎幸クリニックトップ 院長の一言 一覧

院長の一言 一覧TOPに戻る

今も伝わるワビとサビ

2017/04/05 以前このコーナーでお茶についてお話ししましたが(2016年7月22日アップ)、茶道は時代とともに様式、姿を変えてきています。しかしながらワビ、サビそしておもてなしの精神は変わらずに現代にも伝わっています。その祖となったのが千利休。あの戦国の世の中、誰につくかで命まで危うくなるそんな時代に、時代の流れを鋭く読み、信長、秀吉をはじめとした時の人にうまくつく一方であくまでも自らの精神を貫き通し、揚句は最後まで自分を曲げずに死を選んだ人でした。最期はどんな思いであったのか・・。無念か、はたまたこの世に残る人々に哀れすら感じていたのか・・・京都 山崎駅の目の前にひっそりとたたずんでいる待庵(たいあん)は彼が作った現存する唯一の茶室と言われていますし、高台寺の庭にある傘亭は彼の意匠の茶室と言われています。

リトアニアやイスラエルで通りの名前にまでなった日本人

2017/04/04 バルト三国の南端にあるリトアニア、その首都ヴィリニュスに日本人の名前が付けられた通りがあるのをご存知ですか?その通りの名前はチウネ スギハラ通り。同名の通りがイスラエルのネタニアという市にもあるそうです。第二次世界大戦中、外務省の命令に背いてまでも数千人というユダヤ難民たちにビザを発行し続けた人、それが杉原千畝(すぎはらちうね)氏です。彼はリトアニアの日本国公使として戦時中リトアニアに赴任。当時ヒットラー率いるナチスドイツによるユダヤ人迫害の真っただ中、一人でも多くのユダヤ人の命を救うべく、滞在中の最後の時間まで外務省の命令に従わず自らの判断で彼らにビザを発行し続けました。多くのユダヤ人はこのおかげで命拾いし、日本経由でアメリカをはじめとした自由社会に渡ることができました。戦後はそのご恩に報いるため多くのユダヤ人やその子孫は杉原の所在を知るため外務省に連絡したのですが、‘そんな日本人は外務省にいなかった’と突っぱねていたとか。2000年河野洋平外務大臣となって初めて彼の存在を認め名誉回復ができたとの事です。この話からうかがえること、杉原氏の人道主義への賞賛はもちろんですが、その存在すら隠ぺいしようとしていた政府の対応に、今の社会でも思い当たる節もあるだけに思いは複雑です。

プリンシプルとダンディズム

2017/03/29 町田市の鶴川地区、そこに第二次世界大戦参戦時にいち早く食糧難を予測し、都心部から疎開し自給自足の生活をしていたご夫婦がいました。戦後は宰相吉田茂を支え、日本人としての誇りを持ち続け、毅然としてGHQと渡り合い続けた人、常にプリンシプルを大事にし、加えて若かりし頃暮らしたケンブリッジで鍛えられたノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige)をもって物事に対した人、それが白洲次郎でした。容姿もそうでしたが生き方がまさにダンディズムそのものでした。そんな彼にいつの頃からか惹かれ、彼について書かれた本を読み漁りました。そうそうゴルフ場でたまに見かける‘Play Fast’も彼の言葉。晩年軽井沢で伝統あるゴルフクラブの理事長をしていた時、自らがコースの手入れをしたり、時の首相ですらも頑としてその我儘を聞き入れませんでした。強い信念を持ち、原理原則を大事にし、権力にも屈せず、そして常にダンディズムを忘れず、、、今、政局が混とんとしている時、このような人物が求められていると思うのは私だけでしょうか。

敬天愛人

2017/03/27この言葉は'道は天地自然のものにして人はこれを行うものなれば天を敬するを目的とす。天は人も我も同一に愛したもう故、我を愛する心をもって人を愛するなり。人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして人を咎めず、わが誠の足らざるを尋ぬべし’という意味です。まさに私利私欲なく大きな心を持てという意味。そして事あるときには自らのいたらなさが原因ではないかと思う事、教えられます。明治政府の中枢にいながら政治の腐敗を憂い下野し、国を愛する若者たちに担ぎ上げられ西南の役で亡くなった人。それが西郷隆盛です。その風貌から巨眼の男と称され、幕府軍側の勝海舟にも愛され、洗足池の勝夫婦の墓の隣には南洲神社まで創建されています。今の政治を見たら彼は果たしてどう思うでしょうか。

人をなおし、国をなおし

2017/03/24 大風呂敷と言われながらも持ち前のアイディアから植民地政策そして都市計画など幅広い分野で活躍した人、それが後藤新平です。彼は岩手出身。須賀川医学校(福島県)で医学を学び、その後愛知県医学校では医師として活躍。そして台湾民政長官、満鉄初代総裁などを歴任。関東大震災の時には帝都復興院総裁として100年後をみこした大規模な区画整理と公園・幹線道路の整備などを立案。計画は巨額の予算を必要とし多くの分野、地権者などから反対を受け、規模は縮小したものの現在の東京の基礎を築きました。このような大計を持つ人、今の政治家や官僚に爪の垢を煎じたいそんな人物です。

稀代の名軍師

2017/03/15 戦国時代の戦略家そして名参謀としてその名をとどろかせたのが黒田官兵衛。有名な地勢を活かした水攻めで戦わずして秀吉の勝利に導いたのも彼の手柄です。もちろんそこには天候を知り、地勢に熟知し、研究熱心であったことは紛れもない事実です。何事も用意周到な準備が大切ですね。仕えていた豊臣秀吉をして天下人の器と恐れられ、それを感じた彼は自分はあくまでも水の如しと称しさっさと九州で隠居生活、その後の名前を黒田如水と改めたのは有名な話。黒田家の居城があった福岡市の名前は備前福岡庄(今の岡山県瀬戸内市)の黒田家の出生地に因んでいるのも知る人ぞ知るのお話しでした。

国語辞書と言えば・・・

2017/03/14 私が小さいころの国語辞書の代名詞は金田一家、その言語学の初代京助氏は言語学者で特にアイヌ語の研究では第一人者でもありました。盛岡市の出身で東京にお住まいだったこと、その頃 お金に窮していた石川啄木が居候していたというのも有名な逸話です。その息子金田一晴彦氏も国語学では第一人者であり、金田一家の累系にはDNAが脈脈と続き言語学を代表する家系となったようです。もちろんそれぞれの人々の努力はあったと思いますがDNAは侮れませんね。

事を遂げる者は愚直でなければならぬ。才走っては上手くいかない。

2017/03/09 洗足池の傍らにご夫婦で眠るお墓があります。それが江戸城そして江戸を無血開城に導いた一人、勝海舟のお墓です。その横には敵でありながらお互いを尊敬しあい、無血開城に尽力した西郷南洲翁をまつった神社があります。東京が廃墟と化さずに皇居をはじめとし昔の面影を多少とも残しているのは彼のおかげと勝手に思い、毎年欠かさず元旦にお参りしています。今年はマラソンの練習を兼ね、20kmランの途中でお参りしてきました。勝海舟は彼を殺しに来たはずの坂本竜馬をも魅了し常に世界的視野を持ちながら立ち振る舞い、一方では江戸っ子気質でいつも庶民的な気持ちを忘れず、気さくに町人たちとつきあっていた素敵な人物でした。そんな彼が残した言葉です。’か’から始まるもう一人好きな人物でしたので紹介しました。

悠々として急げ

2017/03/07 茅ケ崎にある彼の記念館に寄ったときに飾ってあったこの言葉、なかなか意味が深いなと思い,すぐに直筆の複製色紙を買い求めていました。壽屋宣伝部(現サントリーの広報)から文筆の世界に入り、その後あのベトナム戦争まで従軍し、九死に一生を得た人。釣が好きで、お酒が好きで、自由人として暮らしながらいつも社会に厳しい目を向けていた人。それが開高健でした。あんな生き方できたらいいなと若い時分から思っていましたが、あの茅ケ崎の記念館を訪れてからはその人間の大きさ、深さに改めて触れることができ益々好きになりました。

若かりし頃、日本では受け入れられずに世界で注目された人物

2017/03/01 いつもエネルギッシュに活動し、あの大きな目で楽団員をしった激励し、病に倒れたのちも常に次世代の若い音楽家たちを思っていた人。あるジャズピアニストが引退公演をしているとき、その引退を心から惜しみ、突然立ち上がり‘やめるな~’と叫んだ情熱的な人、それが小澤征爾です。今では世界のマエストロと言われていますが、若かりし頃はいろいろな人間関係で苦労され日本では一部の若い作家や芸術家たちからしか支持されていなかったようです(本物は本物を理解するといったところでしょうか)。‘小澤征爾さんと、音楽について話をする’(村上春樹著)を読み益々好きになりました。