第二川崎幸クリニックトップ 第二川崎幸クリニック診療科一覧 婦人科

第二川崎幸クリニック
診療科目

婦人科

当院では様々な婦人科疾患に対して、科学的根拠に基づいて最新、最善の治療を心がけています。
患者さん自身が病状を正しく理解できるように、丁寧な説明をしていきます。 最近はさまざまな治療法の選択肢がありますので、十分に話し合って、患者さんが納得する満足度の高い医療を提供します。

婦人科が扱う主な病気

婦人科領域全般を扱います。

婦人科の特色

婦人科良性腫瘍に対して
婦人科腫瘍専門医、内視鏡技術認定医が中心となり治療を行います。
一般的には婦人科腫瘍専門医は婦人科臓器の幅広い解剖知識のもと、出血や癒着があり難しい手術の場合や、予期せぬトラブルの対応に慣れています。 また、内視鏡技術認定医は内視鏡手術手技に長けています。これら双方の技術を用いて、安全で完成度の高い低侵襲な内視鏡手術(傷口が小さい手術)を行います。
さらに内視鏡手術のトロッカー(内視鏡手術の器具を出し入れするための筒)を小さくしたり、数を減らすことにより、さらに低侵襲な手術をしていきます。 状況次第では臍(へそ)のくぼみにだけ切開を入れる手術(単孔手術)も可能です。
腫瘍が大きいと内視鏡手術は困難になりますが、他院で内視鏡手術ができないような場合でも当院で安全に行うことが可能と判断すれば、内視鏡手術をします。 具体的には骨盤内(臍までの高さ)の腫瘍に対しては内視鏡手術が可能な場合が多いです。
腹腔鏡手術についての説明はこちら
経腟手術(おなかを切らないで、腟から行う手術)も行います。
また、UAE(子宮動脈塞栓療法)も行っています。

婦人科悪性腫瘍に対して
科学的根拠に基づいた婦人科腫瘍学会のガイドラインに従って、婦人科腫瘍専門医、内視鏡技術認定医が中心となり治療を行います。
関連する他の診療科と連携して集学的治療(手術療法、化学療法、放射線療法、緩和療法)をすることにより治療効果を高めます。 さらに、関連する職種が一丸となって高度なチーム医療のもとで質の高い最先端治療を提供していきます。
また、当院は厚生労働省認定先進医療 子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術の施設認定を2016年8月1日に取得しました。
婦人科内視鏡専門医と婦人科悪性腫瘍専門医が手術チームを組んで、安全で治療効果が高い先進的な手術を提供しています。

子宮がんについてはこちら
厚生労働省認定の先進医療 子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術に関してのご説明

腹腔鏡手術
当院では内視鏡手術に積極的に取り組んでおります。内視鏡手術では5~12mm程度の穴を数カ所開け、カメラを挿入して手術を行います。 腹腔鏡手術は一般的な開腹術と比べ以下のメリットがあります。

1.傷が小さく美容面に優れる
2.術後の疼痛が少ない
3.回復が早く、早期の社会復帰が可能

対象疾患としては、子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症などの良性疾患が主な適応ですが、子宮体がんや子宮頸がんなどの悪性腫瘍でも安全性、根治性が高い場合は内視鏡手術を検討します。 通常、術後4日目に退院となります。

手術創部についてはこちら
腹腔鏡手術で可能な疾患のMRI画像はこちら
手術画像についてはこちら

担当医

長谷川 明俊(川崎幸病院 婦人科部長)
伊藤 雄二 (川崎幸病院 婦人科)

川崎幸病院 医師紹介ページはこちら

川崎幸病院 医師紹介ページはこちら


鈴木 浩基(婦人科 副部長)

【略歴】
1988年 国立弘前大学 医学部 卒業
1988年 岩手医科大学 研修医
1990年 岩手医科大学 産婦人科 
1994年 岩手県立福岡病院 産婦人科
1996年 岩手県立中央病院 産婦人科
2001年 岩手県立江刺病院 産婦人科
2003年 岩手県立千厩病院 産婦人科
2004年 川崎幸クリニック 婦人科

【認定資格】
日本産婦人科学会専門医
日本細胞学会専門医

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 鈴木(浩) 鈴木(浩)
鈴木(浩)
伊藤*2
鈴木(浩) 坂本*3
岩﨑*2
坂本*1*3
伊藤*2
午後 鈴木(浩) 鈴木(浩) 鈴木(浩) 鈴木(浩)
夕方
*1 土曜日 11:00まで
*2 婦人科腫瘍外来(長谷川医師・岩崎医師 悪性・良性/伊藤医師 良性)
*3 漢方外来 

一覧に戻る