第二川崎幸クリニックトップ 第二川崎幸クリニック診療科一覧 婦人科

第二川崎幸クリニック
診療科目

婦人科

患者さん自身が病状を正しく理解できるように、丁寧な説明をしていきます。最近はさまざまな治療法の選択肢がありますので、十分に話し合って、患者さんが納得する満足度の高い医療を提供します。

婦人科が扱う主な病気

婦人科領域全般を扱います。

婦人科の特色

良性疾患に対して
婦人科腫瘍専門医、内視鏡技術認定医が治療をします。
一般的には婦人科腫瘍専門医は婦人科臓器の幅広い解剖知識のもと、出血や癒着があり難しい手術の場合や、予期せぬトラブルの対応に慣れています。また、内視鏡技術認定医は内視鏡手術手技に長けています。これら双方の技術を用いて、安全で完成度の高い低侵襲な内視鏡手術(傷口が小さい手術)を行います。
さらに内視鏡手術のトロッカー(内視鏡手術の器具を出し入れするための筒)を小さくしたり、数を減らすことにより、さらに低侵襲な手術をしていきます。状況次第では臍(へそ)のくぼみにだけ切開を入れる手術(単孔手術)も可能です。状況次第では臍(へそ)のくぼみにだけ切開を入れる手術(単孔手術)も可能です。
腫瘍が大きいと内視鏡手術は困難になりますが、他院で内視鏡手術ができないような場合でも当院で安全に行うことが可能と判断すれば、内視鏡手術をします。具体的には骨盤内(臍までの高さ)の腫瘍に対しては内視鏡手術が可能な場合が多いです。
経腟手術(おなかを切らないで、腟から行う手術)も行います。
子宮動脈塞栓療法(主に子宮筋腫に対して行うもので、子宮の血管を詰まらせて子宮筋腫を小さくする治療)も行うことが可能です。

悪性疾患に対して
科学的根拠に基づいた婦人科腫瘍学会のガイドラインに従って、婦人科腫瘍専門医、内視鏡技術認定医が治療をします。
初期がんで低侵襲な手術でも安全性、根治性が高い場合は内視鏡手術を行っていきます。
関連する他の診療科と連携して集学的治療(手術療法、化学療法、放射線療法、緩和療法)をすることにより治療効果を高めます。さらに、関連する職種が一丸となって高度なチーム医療のもとで質の高い最先端治療を提供していきます。

担当医

鈴木浩基(婦人科 副部長)/長谷川明俊(川崎幸病院 婦人科部長)

川崎幸病院 医師紹介ページはこちら

川崎幸病院 医師紹介ページはこちら

診療担当表

  曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
午前 鈴木(浩) 鈴木(浩) 鈴木(浩) 鈴木(浩) 坂本*4 坂本*1*4
午後 鈴木(浩) 鈴木(浩) 鈴木(浩) 鈴木(浩)
夕方
*1 土曜日 11:00まで
*2 金曜日   9:30開始
*3 婦人科腫瘍外来(長谷川医師 悪性・良性/伊藤医師 良性)
*4 漢方外来

一覧に戻る