第二川崎幸クリニックトップ 日帰り手術のご案内

日帰り手術のご案内

当院では手術室2室およびリカバリールームを開設し、2016年4月より日帰り手術を開始しました。 乳腺良性腫瘍、早期子宮頸がん、下肢静脈瘤、CVポート、前立腺生検、痔核手術等に対応しております。

当院の日帰り手術のメリット

拘束時間の短縮と事前準備の軽減
・日帰り手術であれば、来院当日に手術を実施し経過観察後に当日に帰宅できるため、入院の準備や、家族との段取りなどの手間が不要です。

医療費の負担軽減
・入院しないため、入院費用がかかりません。

身体的・精神的負担の軽減
・身体への負担を最小限に行う手術のため、社会復帰がスムーズです。

術前術後のサポート
・日帰り手術専任看護師による、術前術後のオリエンテーションを行っており、手術を受けるにあたっての不安点などのサポートを行っております。

安全を提供するために ~手術部門管理システムを川崎幸病院と統合~

川崎幸病院と統合した手術麻酔記録

同じ電子麻酔記録を用いることで情報を共有

川崎幸病院と第二川崎幸クリニック手術室を結ぶ遠隔システム

日帰り手術を実施する第二川崎幸クリニック手術室と、年間手術実績が4,400件の川崎幸病院手術室をオンラインで結んでいます。
執刀医による手術申し込みオーダーから、手術スケジュール管理、術中管理モニター、スタッフ情報、手術記録などを同一の電子カルテ内に統合しました。第二川崎幸クリニックで手術を受けても、川崎幸病院で手術を受けても、患者さんの情報は同じカルテの中に共有されます。

「ひと」と「もの」を有効かつ効率的に管理

日々の手術スケジュールを川崎幸病院と統括管理することにより、手術執刀医や看護スタッフなど「ひと」と、手術機材などの「もの」を有効かつ効率的に管理することができるようになりました。安全・安心な手術室づくりのための強力なツールになると考えています。

当院の日帰り手術のメリット

第二川崎幸クリニックと、川崎幸病院の手術室部門システムをオンラインで結んだ図

安心を提供するために ~コーディネーター看護師を配置~

当院ではデイサージャリーコーディネーター看護師を配置し、患者さんの術前面接から当日の対応(術前案内とリカバリー対応)、術後電話面談までを一連の流れとして対応をしています。患者さんからは、看護師が寄り添い患者さんを一人にしないため、不安が軽減したなどの声を頂いております。

コーディネーター看護師を配置

  • 術前後オリエンテーション

    ・日帰り手術適応判断に必要な情報を知る
    ・信頼関係をつくる
    ・注意事項の徹底
    ・不安の軽減

  • 術前・回復室

    術前術後のバイタル測定
    循環状態観察
    酸素・点滴管理
    退院指導

  • 電話訪問

    ・セルフケアの確認
    ・不安なく日常生活に戻っているか確認
    ・術後診察日までの注意事項の確認
    ・状態変化時、医師報告し早期対応が可能

日帰り手術の流れ

【手術前】
1.外来診察
・医師による検査結果の評価・適応の決定
・患者さんの手術承諾

2.専任看護師との面接
※全身麻酔の場合は、麻酔開始との事前診察があります。

【手術当日】
1.手術室にて麻酔・手術
・当日は3階受付までお越しください。
・手術室にて麻酔・手術を行います。

2.回復・休養
・手術後、回復室にて、回復・休養を行います。
・医師による術後診察を行います。

3. オリエンテーション
・専任看護師による退院オリエンテーションを行います。

4.退院
・会計を済ませ退院します。
※回復・休養中に処理を行っているため、会計時にお待たせしません。

【手術翌日】
専任看護師による電話連絡(当日もしくは翌日)
・痛みや出血の有無等、具体的に質問しアドバイスいたします。

【数日後】
職場(学校)復帰
・早い方では術後の翌日から職場や学校への復帰ができます。
手術室

手術室

3階手術室受付

3階手術室受付

回復室

回復室

1階会計受付

1階会計受付

日帰り手術対応疾患


などに対応しております。
まずは当該診療科までご受診ください。

形成外科・美容外科センター~日帰りで行う形成・美容手術~
川崎幸病院 形成外科部長/
第二川崎幸クリニック 形成外科・美容外科センター長
佐藤 兼重
佐藤 兼重
■ 略歴
千葉大学医学部卒
昭和大学附属病院 形成外科
昭和大学形成外科 講師
フランス政府給費留学 パリ大学サンルイ病院
昭和大学形成外科 助教授
昭和大学形成外科 教授
千葉大学形成外科 教授
川崎幸病院 形成外科部長/
第二川崎幸クリニック 形成外科・美容外科センター長
■ 学会認定・資格
・日本形成外科学会専門医
・日本美容外科学会専門医
・日本頭蓋顎顔面外科学会専門医
・日本創傷外科学会専門医
・日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医

このたび、形成外科・美容外科センターを開設することになりました。センターでは形成外科の両輪となる美容外科を充実させ、地域の方々に貢献したいと思います。
形成外科では従来通り体表の形態異常(外傷も含め)や傷の治療に当たります。
一方、美容外科では瞼、鼻、頬などの若返り手術、乳房や躯幹の形態異常を治療します。また顔の輪郭の改善手術も進めます。しみとり治療用のレーザー光線が導入されておりますので、この分野における治療も本格的に開始致します。
形成・美容外科の中間に位置する眼瞼下垂(瞼が開きにくいと肩こりになりやすい)なども適切に治療を行います。
日帰り外来手術は第二川崎幸クリニックで行い、入院手術は川崎幸病院で行います。

日帰り手術対象疾患
二重瞼手術、上瞼・下瞼の若返り手術、隆鼻術、整鼻術、頬の若返り手術、躯幹の脂肪吸引、顔への脂肪注入や顔の若返り治療、太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着、扁平母斑

血管外科~日帰りで行う下肢静脈瘤手術~
川崎幸病院 血管外科部長
光岡 明人
光岡 明人
■ 略歴
2001年 東京医科歯科大学医学部附属病院 合同外科研修医
2002年 山梨医科大学医学部附属病院 麻酔科研修医
2002年 榛原総合病院 外科
2004年 太田西ノ内病院 外科
2006年 東京医科歯科大学医学部附属病院 血管外科
2010年 災害医療センター 救命救急部
2010年 お茶の水血管外科クリニック 非常勤
2011年 秀和総合病院 外科
2014年 川崎幸病院 血管外科
■ 学会認定・資格
・外科専門医・指導医
・救急科専門医
・脈管専門医
・消化器外科専門医
・医学博士(血管外科)
・下肢静脈瘤レーザー焼灼術指導医・実施医
・腹部大動脈ステントグラフト指導医・実施医
・日本血管外科学会血管内治療認定医
・臨床研修指導医

2014年6月から2016年4月までの川崎幸病院での430症例の下肢静脈瘤日帰り治療における合併症発生率0%という成績を踏まえ、第二川崎幸クリニックでは下肢静脈瘤に対する日帰り手術を開始し、より細やかな、患者に寄り添う治療が可能となりました。
当院の特徴は2014年6月に保険診療が認められた最新のELVes 1470nm 2ring fiberを用いた治療で、30分程度で治療が終了します。またより細やかに患者に寄り添う治療を行うため、これまでの日帰り手術を行っているクリニックと異なり、「麻酔科専門医」が手術中、術後の管理を行うことによって、より安全、快適な治療を行うことが可能です。
合併症はほとんど起こらない治療ですが、万一の際は川崎幸病院ERにて24時間対応いたします。なお日帰り治療が不安な方は川崎幸病院での入院手術も可能です。

治療前・治療後

婦人科~日帰りで行う婦人科手術~
川崎幸病院 婦人科部長
長谷川 明俊
長谷川 明俊
■ 略歴
1999年 昭和大学医学部 卒業
1999年 昭和大学産婦人科 入局
2008年 済生会横浜市東部病院
2015年 川崎幸病院
■ 学会認定・資格
・日本産婦人科学会専門医
・日本婦人科腫瘍専門医
・日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
・日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
・日本内視鏡外科学会技術認定医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・厚生労働省認定 臨床研修指導医
・「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」(厚生労働省 平成20年4月1日付)に基づく研修修了 
・医学博士  
・昭和大学豊洲病院 非常勤講師

婦人科では、これまで短期滞在入院でしていた手術を日帰りで行っています。
手術種類は円錐切除、流産手術(妊娠12週未満)、子宮内膜組織診(静脈麻酔下生検が望ましい場合)、バルトリン腺嚢胞開窓術、筋腫分娩の筋腫核出術、埋没型中心静脈カテーテル留置ポート設置等です。
麻酔科専門医による全身麻酔、静脈麻酔下でローリスクの患者さんに対して、日帰り手術を行っておりますので安全、安心した手術を行っております。
また日帰り手術センターのコーディネーターにより術前、術後のご案内とアフターケアを十分に行っております。

日帰り手術対象疾患
円錐切除、流産手術(妊娠12週未満)、子宮内膜組織診(静脈麻酔下生検が望ましい場合)、バルトリン腺嚢胞開窓術、筋腫分娩の筋腫核出術、埋没型中心静脈カテーテル留置ポート設置等です。

日帰り手術対象疾患

お問い合わせ

代表電話番号:044-511-1322
電話受付時間:月~金 9:00~17:00